作品案内

〈特集上映〉薄暮の旅路 田中さくら監督2作品同時上映

sakura001
上映日程: 3月2日〜3月15日

24歳の新進気鋭監督が描く、2つの〈喪失〉の物語

2022年秋、若手映画監督の登竜門「田辺・弁慶映画祭」にて『夢見るペトロ』が審査員特別賞・俳優賞を受賞。2023年夏、受賞監督の特集上映「田辺・弁慶映画祭セレクション」(弁セレ)では、併映作品『いつもうしろに』と合わせて、3日間全ての回で満席を記録。弁セレ史上初の快挙となり、話題を呼んだ。そして2024年春、待望の劇場公開へ。監督は若干24歳の田中さくら。その独特な世界観が高く評価され、彼女の描く繊細な内面世界は多くの若者の心をとらえた。著名人も大きな期待を寄せる日本映画界の“原石”である。

『夢見るペトロ』2022年/32分/カラー
チラシ配りのアルバイトをしながら暮らすさゆりのもとに、ある日飼っていたインコのペトロを失くした兄・りつが訪れ、突然自身の結婚を告げる。さゆりは、兄の結婚という現実から目を背けるように過去へ、幻想へ沈み込む。

『いつもうしろに』2023年/36分/カラー
大学を卒業して2年。実家を離れ就職することが決まったショウタは、淡々と思い出たちを断捨離していく。空っぽの新居で出会ったのは怪しげな着ぐるみ。その着ぐるみの中にいたのは、別れた恋人と同じ顔をした女性だった・・・。

▶︎2024年3月2日(土)より公開予定 連日21:00より1回上映
▶︎特別前売鑑賞券1,000円当劇場窓口にて発売中(オンラインチケット予約には使用不可/3/1までの販売)

《当日料金》一律1,200円

〈舞台挨拶やトークショーのご案内〉
▶︎3月2日(土)21:00の回上映後/登壇:大下ヒロトさん、紗葉さん、佐藤京さん、二村仁弥さん、田中さくら監督
※予告編なし本編より上映
※ゲストの都合などにより、変更・中止の可能性がございます。予めご了承下さい。

オフィシャルサイトはこちら