作品案内

システム・クラッシャー

system001
上映日程: 4月27日〜終了未定

どこにも居場所のない9歳のベニーは吠え、吠え、吠え続ける。可愛くて、凶暴で、優しくて、切ない・・・。
ぶち切れるのは愛の不足の裏返し、ただママに愛されたい少女の怒りと悲しみの物語。


嵐のような9歳の女の子ベニー。幼少期、父親から受けた暴力的トラウマ(赤ん坊の時に、おむつを顔に押し付けられた)を十字架のように背負い手の付けようのない暴れん坊になる。里親、グループホーム、特別支援学級、どこに行こうと追い出されてしまう、ベニーの願いはただひとつ。かけがえのない愛、安心できる場所、そう!ただママのもとに帰りたいと願うだけ。居場所がなくなり、解決策もなくなったところに、非暴力トレーナーのミヒャはある提案をする。ベニーを森の中深くの山小屋に連れて行き、3週間の隔離治療を受けさせること・・・。

ケアホームからケアホームへ、里親から里親へ、「システム・クラッシャー」とは、あまりに乱舞で行く先々で問題を起こし、施設を転々とする制御不能で攻撃的な子供のことを指す隠語。監督・脚本は、本作が長編デビューとなるドイツ出身の新鋭ノラ・フィングシャイト。ホームレスを描いたドキュメンタリーの撮影中、そこで「システム・クラッシャー」を呼ばれる子供がいることを知ったことから映画化。ベニー役にはヘレナ・ツェンゲル。全身全霊の演技で力演、ドイツ映画賞主演女優賞を歴代最年少で受賞。

2019年/ドイツ/ドイツ語/119分
監督・脚本:ノラ・フィングシャイト/撮影:ユヌス・ロイ・イメール/音楽:ジョン・ギュルトラー
出演:ヘレナ・ツェンゲル、アルブレヒト・シュッフ、リザ・ハーグマイスター
日本語字幕:上條葉月/後援:ゲーテ・インスティトュート東京
提供:クレプスキュール フィルム、シネマ サクセション/配給:クレプスキュール フィルム

▶︎2024年4月27日(土)より公開予定
▶︎B3ポスター付き特別前売鑑賞券1,500円当劇場窓口にて発売中
(4/26までの販売/オンラインチケット予約には使用できません)

《当日料金》一般:1,800円/大学・専門学生:1,300円(学生証の提示が必要)/シニア:(60歳以上)1,300円/会員:1,200円(会員証の提示が必要・同伴1名まで同額割引)/障がい者割引:1,200円(手帳の提示が必要・付添いの方1名まで同額割引)
毎月1日映画サービスデー:一律1,200円/毎週月曜日サービスデー:一律1,200円