国内外の映像アート作品の上映、レクチャーを定期開催。古典的名作 から、最新の実験映画まで

back next
NO.1003 イメージフォーラム映像研究所
2017年度卒業制作展
3/24(土)25(日)
  • Spiral

    Spiral
  • シーラの革命

    シーラの革命
  • 84年、お父と沖縄万華鏡

    84年、お父と沖縄万華鏡
  • in the room

    in the room
  • Camouflage

    Camouflage
  • 妙な肉

    妙な肉
  • 外テ物

    外テ物
  • もうアイドルなんかならない

    もうアイドルなんかならない
  • 三木はるかるた2017

    三木はるかるた2017

多くの映像作家を輩出したイメージフォーラム映像研究所 ワークショップの卒業制作展(第41期)。一年を通して築かれたイメージが鮮やかに結像する。映像作家の第一歩。



Aプログラム 2017年度(第41期)卒業制作(90分)


Spiral  丸本聡/デジタル/5分
すぱいらる。反復と差異の恍惚。回転しながら垂直方向へ上昇する曲線、繰り返される渦巻き構造の美しさ。らせん階段をモチーフにした写真のコマ撮りアニメーションと、ミニマルピアノサウンドが交錯する。くるくるくる。めまいに注意。(丸本)

シーラの革命  M. Tosa/デジタル/45分
香港で家事ヘルパーとして働くフィリピン人女性シーラの人生の断片から、人の移動というグローバルな現象の意味と無意味に迫ろうとした。格差や差別が身近になりつつある我々と「彼ら」の世界を隔てるものは何もない。社会運動や革命がほんわかしたフィリピン文化に包み込まれながら、常態化していることのアイロニーも表現したかった。(TOSA)

84年、お父と沖縄万華鏡  杉本美泉/デジタル/40分
音楽家そして沖縄の伝承音楽の研究者である父は、82歳の年の暮れに脳梗塞で倒れた。
死の近づきを目の当たりにした私は、父の人生をたどる旅に出た。
沖縄の音楽をこよなく愛し、生涯をかけて研究し続けた父の人生とは一体どのようなものだったのか、研究への思いは何か。
インタビューを通して明らかになる過去の出来事や人生の辛酸、時代と共に生きる父の生涯を追いながら、人生とは何かを模索するドキュメンタリー。(杉本)


Bプログラム 卒業生作品セレクト集(78分)


Bプログラムでは近年の卒業生の中から、卒業後も作品制作を続け、映画祭などで注目される作家を紹介する。映画フィルムや写真などの映像メディアをテーマにするYUKA SATO、「珍妙でキッチュ」なコラージュによるアニメーションでファンを増やしつつある三ツ星レストランの残飯、一貫した自作自演スタイルでドキュメンタリーとフィクションを往還する三木はるかの3人の映像作家の卒業制作と近作を上映。

in the room  YUKA SATO/デジタル/7分/2014
Camouflage  YUKA SATO/デジタル/7分/2017
妙な肉  三ツ星レストランの残飯/デジタル/6分/2013
外テ物  三ツ星レストランの残飯/デジタル/8分/2016
もうアイドルなんかならない  三木はるか/デジタル/20分/2012
三木はるかるた2017  三木はるか/デジタル/30分/2018


YUKA SATO
イメージフォーラム映像研究所第37期卒業。初監督『In the Room』(2014)が、International Students Creative Awardグランプリ、Image Forum Festival優秀賞を受賞。他作品に『NUMB』(2016)、『Camouflage』(2017) がある。シンガポール国際映画祭、エディンバラ国際映画祭など国内外で作品が上映されている。

三ツ星レストランの残飯
1985年山口県生まれ。イメージフォーラム映像研究所第36期卒業。主な作品:『びくてぃむ』 (調布映画祭2013 第16回ショートフィルム・コンペティション入選、第2回フェチフェスアンダーグラウンド映画祭ホラーSHOX賞)、『妙な肉』(イメージフォーラム映像研究所卒業制作展優秀賞、第8回札幌国際短編映画祭コメディ、グロ、暴力&問題作 オフシアター上映、調布映画祭2014 第17回ショートフィルム・コンペディション入選、イメージフォーラム・シネマテーク ヤング・パースペクティブ2015上映)『臓さん』(ヤング・パースペクティブ2015上映)、『外テ物』(第9回よなご映像フェスティバル準グランプリ 、第2回フェチフェスアンダーグラウンド映画祭グランプリ、20th CHOFU SHORT FILM COMPETITION入選、第3回フェチフェスアンダーグラウンド映像祭[ハンブルグ+コぺンハーゲン] )、『濁ッた佃煮』(第3回フェチフェスアンダーグラウンド映像祭[ハンブルグ+コぺンハーゲン])

三木はるか
1986年群馬県桐生市生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。イメージフォーラム映像研究所第34期35期卒業。34期で制作した『そげる・たわむ・外に流れる』がイメージフォーラム・フェスティバル2012ジャパントゥモロウノミネート。『もうアイドルなんかならない』で35期卒業制作展最優秀賞。イメージフォーラム・シネマテーク ヤング・パースペクティヴ2014では三木はるか特集「諧謔のセルフ・イメージ」が組まれた。プライベートな事柄を題材に毎年映像作品を作り続けている。近作に『八年目の浮気のようなもの』(15)『三木はるかるた2017』(17)など。

    受付

  • 当日700円 会員 500円 入替無

    タイムテーブル

日付 13:30 15:30
3/24 A B
3/25 B A



































  • イメージフォーラムtwitter
  • イメージフォーラムFacebook
  • IFF
  • イメージフォーラム映像研究所
  • >