作品案内

パレスチナのピアニスト The Pianist from Ramallah

poster
上映日程: 7月2日〜8月5日

父はパレスチナ人、母はロシア人、ピアノの先生はユダヤ系イスラエル人

将来はプロのピアニストとなることを夢見ているモハメド・“ミシャ”・アーシェイクは才能ある10代のピアニストで、ピアノを始めてわずか3年後の13歳で国際ピアノコンクールにて優勝を果たしている。それも一日3、4時間という限られた練習時間で。練習時間が少ないのは、彼が住んでいる場所が特殊な場所だからだ。ミシャの父はパレスチナ人、母はロシア人で、イスラエルと紛争を抱えているパレスチナ自治区のラマッラに住んでいる。ピアノの先生は、ロシア出身のユダヤ系イスラエル人で、ピアノのレッスンを受けるため、通常車で1時間のところ、イスラエルが設けた検問所を通過しなければならないため3時間かけてエルサレムに通っている。映画はミシャの13歳から17歳の4年間を追う。

監督:アヴィダ・リヴニー
プロデューサー:エイタン・エヴァン、ウディ・ザンバーグ
撮影:ネイエフ・ハムド 編集:ニリ・フェラー
原語:アラビア語、ロシア語、英語
原題:The Pianist from Ramallah
配給:ユナイテッドピープル
61分/イスラエル/2020年/ドキュメンタリー

▶︎2022年7月2日(土)より公開
▶︎上映時間はこちら
▶︎オンラインチケットのご購入はこちら

《当日料金》一般:1,200円/大学・専門学生:1,000円(学生証の提示が必要)/シニア:(60歳以上)1,000円/会員:1,000円(会員証の提示が必要・同伴1名まで同額割引)/障がい者割引:1,000円(手帳の提示が必要・付添いの方1名まで同額割引)
毎月1日映画サービスデー:一律1,000円/毎週月曜日サービスデー:一律1,000円

オフィシャルサイトはこちら