作品案内

アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ 監督〈自己検閲〉版 BAD LUCK BANGING OR LOONY PORN

badluck001
上映日程: 4月23日〜終了未定

世界は卑猥に満ちているけれど?第71回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞の禁断の映画、ついに公開!パンデミックは人間の性をあぶり出す。ルーマニアの鬼才ラドゥ・ジューデ監督が放つ、類をみない傑作!

2021年ベルリン国際映画祭は、冒頭のあけすけな本番セックスシーン(日本公開版は監督による検閲版)に始まる、この挑戦的なルーマニア映画『アンラッキー・セックスまたはイカれたポルノ』に金熊賞を授与した。その後世界で大きな反響を呼び、米アカデミー賞ルーマニア代表作品の選出、ニューヨーク・タイムズが選ぶ2021年ベスト10第2位にも選出されるなど、その快進撃は止まることを知らない。決して口当たりのいい映画ではないのに、世界が同時に経験したパンデミックとその後の社会の閉塞感を背景に、“卑猥”とは何か?と改めて問いかけることで読み解こうとしたこの映画への、人々の共感が絶賛という形になった。

ルーマニア、ブカレスト。有名校の教師であるエミは、コロナ禍の街をさまよい歩いていた。夫とのプライベートセックスビデオが、意図せずパソコンよりネットに流出。生徒や保護者の目に触れることとなり、保護者会のための事情説明に校長宅へ向かっているのだ。そしてコロナ禍のブカレストの街を漂流するかのように歩くエミの姿が淡々と映し出されていく。彼女の抱える不安や苛立ちは、街ゆく人々も共有する怒りと絶望であり、さらにはその街、引いては世界の感情そのもののようであった。猥雑で、汚れ、怒りを孕んだ空気が徐々に膨れ上がっていく…。ルーマニアの鬼才ラドゥ・ジューデ監督、そうした社会の胎動をエミに託し、いきなりのハードなセックスシーンをプロローグとして、続けて物語を三つのパートに分けていく。さらに三つの物語の結末を用意する“マルチエンディング”で、監督はポルノグラフィという問題をブラックコメディとして見せ、映画を終息させる。コロナ禍で浮き彫りにされた社会の偽善や偏見を描き出し、類をみない傑作の誕生となった。

監督:ラドゥ・ジューデ
2021年製作/106分/R15+/ルーマニア・ルクセンブルク・クロアチア・チェコ合作
原題:Babardeala cu bucluc sau porno balamuc/配給:JAIHO

▶︎2022年4月23日公開
▶︎上映時間はこちら
▶︎オンラインチケットのご購入はこちら

《当日料金》一般:1,800円/大学・専門学生:1,300円(学生証の提示が必要)/シニア:(60歳以上)1,300円/会員:1,200円(会員証の提示が必要・同伴1名まで同額割引)/障がい者割引:1,200円(手帳の提示が必要・付添いの方1名まで同額割引)
毎月1日映画サービスデー:一律1,200円/毎週月曜日サービスデー:一律1,200円/R-15+指定作品

オフィシャルサイトはこちら