作品案内

クナシリ KOUNACHIR

kounachir001
上映日程: 12月4日〜終了未定

北方領土・国後島。そこはまるで、取り残された島だった。日本人が築いた石垣や墓石。戦後から残る錆びた砲台や難破船。島で暮らすロシア人が語る生活の実態と日本人への思い。旧ソ連生まれフランス在住の監督が描く、知られざる国後島の真実。

ロシアにとって都合の悪い事実、日本にとって簡単には事が進まない現状。国後島のこの複雑な状況を見て、私たちは何を思うのか。戦前には四島全体で17,000人いた日本人も、終戦後の1947年から48年にかけて強制退去が行われ現在は誰もいない。その後、両国間の平和条約は締結されないまま現在に至る。寺の石垣、欠けた茶碗、朽ち果てた船や砲台など、国後島の至るところに日本人の暮らした跡、第二次世界大戦の傷跡、ソ連時代の遺物が残っている。日本人墓地も荒れ果てたまま土に埋もれるが、そこに人の姿はない。映画では国後島の厳しい現状やロシア人住民の生活の様子が収められ、政治に翻弄されてきた島民の暮らしや本音、高齢の島民が戦後日本人と過ごした思い出などを語っていく。日本とロシアの間に横たわる領土問題に対する住民らの複雑な思いにも迫っている。住民が率直に生活苦を訴えるほど厳しい暮らしであることは日本ではあまり知られていない。ロシア側の主張に偏ることなく、人々の生活の実態をありのままに映した本作からは、実際に国後島で生きる島民たちの苦しみや本当の願いが何なのかが見えてくる。旧ソ連(現ベラルーシ)出身で現在はフランスを拠点とするウラジミール・コズロフ監督が、ロシア連邦保安庁の特別許可と国境警察の通行許可を得て撮影にこぎつけた国後島の現在とは。

監督・脚本:ウラジミール・コズロフ/撮影:グレブ・テレショフ/製作:デヴィッド・フーシェ
2019年/フランス/74分/原題:KOUNACHIR/配給・宣伝:アンプラグド

▶︎2021年12月4日(土)より公開予定

《当日料金》一般:1,800円/大学・専門学生:1,300円(学生証の提示が必要)/シニア:(60歳以上)1,300円/会員:1,200円(会員証の提示が必要・同伴1名まで同額割引)/障がい者割引:1,200円(手帳の提示が必要・付添いの方1名まで同額割引)
毎月1日映画サービスデー:一律1,200円/毎週月曜日サービスデー:一律1,200円

★『クナシリ』トークショー
●12月4日(土) 14:50の回上映後。ゲスト:西牟田靖さん(ジャーナリスト/ライター)、村上和巳さん(ジャーナリスト)

ゲストには、自身の著書「ニッポンの国境」(光文社)で国後島を含む北方領土の現地ルポを交えて真相に迫ったジャーナリストの西牟田靖さん、医療、災害・防災、国際紛争領域と幅広い取材を行うフリージャーナリストの村上和巳さんをお迎えします。実際に見た国後島の現実や、北方領土問題の今後についてなど、たっぷりお話頂きます。

オフィシャルサイトはこちら