作品案内

コレクティブ 国家の嘘 Colectiv

collective001
上映日程: 10月2日〜11月26日

ルーマニアのライブハウス「コレクティブ」で起きた痛ましい火災。だがその後、助かったはずの数十人が次々と病院で死んだ……。国家 VS 市民、フィクションよりもスリリングな今必見のドキュメンタリー映画、ついに日本上陸。

本作は2015年、ルーマニアのライブハウスで実際に起こった火災を発端に、命よりも利益や効率が優先された果てに起こった国家を揺るがす巨大医療汚職事件の闇と、それと対峙する市民やジャーナリストたちを追った、フィクションよりもスリリングな現実を捉えたドキュメンタリー映画だ。監督は、世界各国の映画祭で上映され数多くの賞を受賞した『トトとふたりの姉』のアレクサンダー・ナナウ。地元の小さなスポーツ紙「ガゼタ・スポルトゥリロル」に勤務し、地道な調査を重ねて真実に迫っていくジャーナリストを映す前半から一転、映画の後半では熱い使命を胸に就任した若き大臣を追い、異なる立場から強大な権力に立ち向かう者たちを捉えていく。“リアル『スポットライト 世紀のスクープ』のようだ”とも評される本作は、日本を始め世界中のあらゆる国が今まさに直面する医療と政治、ジャーナリズムが抱える問題に真っ向から迫っており、ドキュメンタリーでありながらルーマニア映画として初めてアカデミー賞ノミネートを国際長編映画賞、長編ドキュメンタリー賞の2部門で果たした。そのほか、世界各国の映画祭で32の賞を獲得し、50ものノミネートと果たしている。

監督・撮影:アレクサンダー・ナナウ/出演:カタリン・トロンタン、カメリア・ロイウ、テディ・ウルスレァヌ、ブラッド・ボイクレスクほか
2019年/ルーマニア・ルクセンブルク・ドイツ/109分/DCP/配給:トランスフォーマー

▶︎2021年10月2日(土)より公開予定

▶︎上映時間はこちら
▶︎オンラインチケットのご購入はこちら

《当日料金》一般:1,800円/大学・専門学生:1,300円(学生証の提示が必要)/シニア:(60歳以上)1,300円/会員:1,200円(会員証の提示が必要・同伴1名まで同額割引)/障がい者割引:1,200円(手帳の提示が必要・付添いの方1名まで同額割引)/高校生・中学生:1,200円(生徒手帳・通学定期券の提示が必要)/3歳〜小学生:1,200円
毎月1日映画サービスデー:一律1,200円/毎週月曜日サービスデー:一律1,200円

オフィシャルサイトはこちら