作品案内

旅する写真家 レイモンド・ドゥパルドンの愛したフランス

journal001
上映日程: 2017年9月ロードショー〜終了未定

彼の夢は、世界中を旅したフィルムのかけらで、一本の映画を作ること。フランスを代表する写真家による“ガイドブックには決して載らない”人生の旅行記。

フランスを代表する写真家のレイモン・ドゥパルドン(1942-)。写真家としてマグナム・フォトに所属。20世紀のあらゆる変革が起きた現場には、必ず彼がいると言っていいほど、世界中を飛び回って取材を続けてきた。また、フランス国内でも、大統領選挙や裁判所・精神病院・警察といった国家機関の内部を、市民の目線から描くドキュメンタリーを監督。カンヌ映画祭をはじめ国内外で高い評価を得ている。近年は、フランスの伝統的な農業を続ける家族を追った作品など、決して「ガイドブックには載らない」風景ばかりを40年以上に渡って撮影した作品を発表。フランスの真実の美を追い求め、今日も彼は愛車のワゴンに機材を詰め込み、フランス中を走り回って写真を撮っている。

“旅とは「人生」と「愛」を発見させてくれるもの”

本作の共同監督を務めたのは、妻であり自身の映像作品の製作・録音を担当してきたクローディーヌ・ヌーガレ。「倉庫に眠る膨大なアウトテイクをつないで、一本の映画にしたい」というドゥパルドンの夢を叶えるべく奔走。ドゥパルドンの人生のハイライト集であると同時に、「旅」を通じて、自分自身と愛すべきものを発見するという、普遍的な「人生の旅」を描いた作品として完成させた。観れば、きっとあなたも新たな旅に出たくなるドキュメンタリーだ。


オフィシャルサイトはこちら