作品案内

ブラザーズ・クエイの世界

quay01
上映日程: 7月8日〜7月28日

「クエイ兄弟ーファントム・ミュージアム」展 開催記念特集上映
《ブラザーズ・クエイの世界》


不思議で幻想的、陰鬱しかしどこか軽やかなユーモアも感じられる人形アニメーションで数々の傑作を生んだクエイ兄弟。カルト的な人気を誇る彼ら一卵性双生児は、米国に生まれ、英国に渡り、CMから舞台美術まで幅広い分野で活躍している。「クエイ兄弟ーファントム・ミュージアム」展の開催を記念した特集上映。

Aプログラム:クエイ兄弟 ー映画制作への歩み
▶クエイ兄弟の最初の映像作品『人工の夜景』、ロシアの作曲家ストラヴィンスキー、チェコの作曲家ヤナーチェクを取り上げた対作品など。
・『人工の夜明け ー欲望果てしなき者ども』(1979年/20分)
・『イーゴリ ーパリでプレイエルが仕事場を提供していた頃(1920-1929)』(1982年/26分
・『レオシュ・ヤナーチェク ー心の旅』(1983年/26分)
・『スティル・ナハト ー寸劇』(1988年/2分)
(合計74分/配給:British Film Institute)

Bプログラム:クエイ兄弟とレシュ・ヤンコウスキ Ⅰ
▶クエイ兄弟の名声を確立した『ストリート・オブ・クロコダイル』に続き、ポーランドの作曲家ヤンコウスキと組んだ珠玉作品。
・『ストリート・オブ・クロコダイル』(1986年/21分)
・『失われた解剖模型のリハーサル』(1988年/14分
・『捧げもの』(1989年/1分)
・『櫛(眠りの博物館から)』(1990年/17分)
・『人為的な透視図鑑、またはアナモルフォーシス(歪像)』(1991年/14分)
・『スティル・ナハト3 ーウィーンの森の物語』(1992年/4分)
(合計71分/配給:British Film Institute)

Cプログラム:クエイ兄弟とレシュ・ヤンコウスキ Ⅱ
▶クエイ兄弟初の長編映画。狂気の作家ロベルト・ヴァルザーによる召使学校での実体験を元にした小説を原作に国際共同製作された。
・『ベンヤメンタ学院』(1995年/105分)
(合計105分/配給:ダゲレオ出版)

Dプログラム:スタレーヴィッチ、シュヴァンクマイエルとクエイ兄弟
▶クエイらが敬愛するロシア・アニメの失覚者スタレーヴィッチ、チェコのシュヴァンクマイエルから連なる人形アニメの競演。
・『フェティッシュ33-12』(ラディスラフ・スタレーヴィッチ作品/1933年、1954年/38分)
・『ジャバウォッキー』(ヤン・シュヴァンクマイエル作品/1971年/14分)
・『ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋』(1984年/14分)
・『スティル・ナハト2 ー私たちはまだ結婚しているのか?』(1992年/3分)
・『スティル・ナハト4 ーお前がいなければ間違いようがない』(1993年/4分)
(合計73分/配給:Madame L.Beatrice Martin Starewitch、チェクスキー・ケー、British Film Institute)

Eプログラム:クエイ兄弟とポーランドのアニメーション
▶ポーランド文化に造詣の深いクエイ兄弟がセ・マ・フォルと制作した『仮面(マスク)』を、ボロフチック、レニーツァ、クチャによるポーランド・アニメの名作とともに上映。
・『家』(ヤン・レニーツァ、ヴァレリアン・ボロフチック作品/1958年/11分)
・『学校』(ヴァレリアン・ボロフチック作品/1958年/7分)
・『迷宮』(ヤン・レニーツァ作品/1961年/14分)
・『リフレクション』(イェジー・クチャ作品/1979年/6分)
・『チューニング・ザ・インストゥルメンツ(弦走)』(イェジー・クチャ作品/2000年/15分)
・『仮面(マスク)』(2010年/23分)
(合計76分/配給:Studio Miniatur Filmowych/Studio-Kadr/Se-ma-for)

Fプログラム:21世紀のクエイ兄弟
▶ロンドン科学博物館の医学コレクションを取り上げた『ファントム・ミュージアム』や、アメリカで撮影された近年の作品を上映。
・『ソングス・フォー・デッド・チルドレン』(2003年/23分)
・『ファントム・ミュージアム』(2003年/12分)
・『ワンダーウッド』(2010年/3分)
・『涙を流すレンズを通して』(2011年/31分)
・『正しい手:F.Hへの捧げもの』(2013年/25分)
(合計94分/配給:British Film Institute/probonofilm)

Gプログラム:カフカの世界 ークエイ兄弟×山村浩二
▶チェコの文学者カフカの原作を、クエイ兄弟と山村浩二がそれぞれ映像化。技法は異なりながら、ユーモアとグロテスクが交錯する不条理な世界が表現されている。
・『頭山』(山村浩二作品/2002年/10分)
・『カフカ ー田舎医者』(山村浩二作品/2007年/21分)
・『変身』(2012年/33分)
(合計64分/配給:松竹、Cite de la musique)

《上映スケジュール》
7/08(土)=13:00[A]/16:00[B]/19:00[D]
7/09(日)=13:00[E]/16:00[F]/19:00[G]
7/10(月)=13:00[A]/16:00[B]/19:00[C]
7/11(火)=13:00[C]/16:00[A]/19:00[B]
7/12(水)=13:00[A]/16:00[E]/19:00[F]
7/13(木)=13:00[B]/16:00[A]/19:00[C]
7/14(金)=13:00[D]/16:00[E]/19:00[F]

7/15(土)=13:00[A]/16:00[B]/19:00[D]
7/16(日)=13:00[E]/16:00[F]/19:00[G]
7/17(月)=13:00[A]/16:00[B]/19:00[C]
7/18(火)=13:00[C]/16:00[A]/19:00[B]
7/19(水)=13:00[A]/16:00[E]/19:00[F]
7/20(木)=13:00[B]/16:00[A]/19:00[C]
7/21(金)=13:00[D]/16:00[E]/19:00[F]

7/22(土)=13:00[A]/16:00[B]/19:00[D]
7/23(日)=13:00[E]/16:00[F]/19:00[G]
7/24(月)=13:00[A]/16:00[B]/19:00[C]
7/25(火)=13:00[C]/16:00[A]/19:00[B]
7/26(水)=13:00[A]/16:00[E]/19:00[F]
7/27(木)=13:00[B]/16:00[A]/19:00[C]
7/28(金)=13:00[D]/16:00[E]/19:00[F]

《当日料金》
一般1,600円/学生・シニア1,200円/会員1,100円
特集上映がお得に鑑賞できる3回券3,600円発売中(7/7までの販売)

《半券割引実施》
渋谷区立松濤美術館で開催中の『クエイ兄弟ーファントム・ミュージアム』展の半券提示で一般料金に限り200円割引

《関連の催し》
『クエイ兄弟ーファントム・ミュージアム』展@渋谷区立松濤美術館(2017年6月6日〜7月23日)

主催:イデッフ、ダゲレオ出版
協力:IMAGICA TV、Polish Filmmakers Association