作品案内

maru
上映日程: 7月8日〜終了未定

平凡な無職男の部屋に突如として現れた謎の球体。それを目撃した者に降り掛かる奇妙な出来事。それはやがて不可解な引力で、予測不可能な事態をドミノのように生み出していく…。現代的なホームドラマが、黒く歪んだSFミステリーへと変貌する。それは閉塞した日本の現実に対する強烈なメッセージか?それとも観る者に実存的な問いを投げかける不条理劇か?その独特のユーモアと政治的なメタファーで、世界各地の映画祭で話題となった作品『丸』が日本に上陸する。

本作は鈴木洋平の長編デビュー作品として、大阪の西成区で撮影された。ぴあフィルムフェスティバルのPFFアワード2014入選後、バンクーバー国際映画祭新人監督部門にノミネート。新人監督の登竜門であり、ペドロ・アドモドバル、スパイク・リー、ヴィム・ヴェンダース、リチャード・リンクレイター、ミヒャエル・ハネケといった監督を輩出しているリンカーンセンターとニューヨーク近代美術館(MoMA)共催の映画祭「ニュー・ディレクターズ/ ニュー・フィルムズ2015」に選出、その後、ウィーン国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭など世界各地の映画祭で紹介されている。

監督は茨城県水戸に活動の拠点を持つ鈴木洋平。映画制作活動に止まらず、クラブの空き時間を利用した映画館CINEMA VOICEを企画運営するなど、日本映画界の新たな存在として注目されている。長編デビュー作『丸』は、完成後、映画評論家のトニーレインズの目にとまり、主に外国の映画祭プログラマーや批評家の間で話題となった。イギリス映画協会が発行するサイトアンドサウンド誌上でベストテンに選出、またアメリカの映画雑誌フィルムコメントに批評やインタビューが掲載されるなど、無名の新人監督としては異例の事態を引き起こした。その後、日本にその評判が逆輸入。ついに劇場公開が決定した。

監督:鈴木洋平/出演:飯田芳、池田将、木原勝利、金子紗里、渡辺博行
2014年/日本/89分/配給:マグネタイズ

2017年7月8日(土)ロードショー
11:10/19:10

《当日料金》
一般1,500円/学生・シニア1,200円/会員1,100円

オフィシャルサイトはこちら