作品案内

AGANAI 地下鉄サリン事件と私 Me and the Cult Leader

aganai001
上映日程: 3月20日〜終了未定

1995年3月20日、あの朝、私はそこにいた。未曾有のテロ、地下鉄サリン事件。被害者の映画監督が、今なお活動を続けるオウム真理教(現Aleph)の広報部長と20年の時を経て対話の旅に出る。海外の映画祭で話題になった衝撃のドキュメンタリー。

1995年、オウム真理教が引き起こし日本中を震撼させた地下鉄サリン事件。通勤途中で被害にあった本作監督さかはらあつしは、事件から20年の時を経てAleph(オウム真理教の後継団体)の広報部長・荒木浩と対峙する。さかはらと荒木は、ともに所縁の地を訪ねる旅に出て、対話を繰り返す。凄惨な事件後もなお信者でありつづける心のありようとは何か。人を救うのではなく苦しめる宗教とは?監督は友人を諭すように、荒木に接し、その心の内に迫ろうとする。事件により人生を狂わされ、未だに精神的・肉体的な苦しみを抱える被害者。その「被害者」が「加害者」にカメラを向ける。ここでは「客観性」や「中立性」を掲げる「ドキュメンタリーの常識」は通用しない。この対峙の先に見える「真実」とは?

〈地下鉄サリン事件とは〉1995年3月20日の通勤時間帯に、オウム真理教の幹部たちが東京・霞ヶ関駅を通過する3つの地下鉄路線を走る5つの車両に、猛毒の化学兵器・サリンを一斉散布。死者14人(重度の後遺症で寝たきりとなっていた女性が2020年3月に亡くなった)、負傷者6000人余り。

監督:さかはらあつし/プロデューサー:阪原淳、松尾悦子、陳穗珠/撮影:山田達也、高嶋正人/編集:渡辺純子/録音:落合諒磨/音楽:SOULCOLOR
製作・配給:Good People
出演:荒木浩、阪原武司、阪原多嘉子、さかはらあつし
2020年/日本/114分/カラー/DCP/英題: Me and the Cult Leader
英語字幕付き/English subtitled version

2021年3月20日(土)より公開

▶︎上映時間はこちら
▶︎オンラインチケットのご購入はこちら

《当日料金》一般:1,800円/大学・専門学生:1,300円(学生証の提示が必要)/シニア:(60歳以上)1,300円/会員:1,200円(会員証の提示が必要・同伴1名まで同額割引)/障がい者割引:1,200円(手帳の提示が必要・付添いの方1名まで同額割引)/高校生・中学生:1,200円(生徒手帳・通学定期券の提示が必要)/3歳〜小学生:1,200円
毎月1日映画サービスデー:一律1,200円/毎週月曜日サービスデー:一律1,200円

★さかはらあつし監督の舞台挨拶有り
3/20(土)、3/21(日)、3/22(月)、3/26(金)、3/27(土)、3/28(日)、3/29(月)の12:30の回上映後に
さかはらあつし監督の舞台挨拶および質疑応答を実施します(実施回は予告編なし)

オフィシャルサイトはこちら