作品案内

凱歌 Songs of Triumph

gaika001
上映日程: 11月28日〜終了未定

故郷を追われ、名前を変えさせられ、子どもを産む権利も奪われたハンセン病の元患者の夫婦の物語

国立療養所全生園(東京都東村山)を舞台に、国による終身隔離政策により入所させられたハンセン病の元患者の人々を9年間撮影したドキュメンタリー。日本の「夜と霧」ともいえる収容施設での過酷な日々を生き抜いた人々の姿や声を鮮烈に伝える。監督はこれまで200本以上のTVドキュメンタリーを制作してきた坂口香津美。ドキュメンタリー映画『抱擁』や『ネムリユスリカ』など、逆境に生きる人々の姿を独自の視点と映像美で表現している。

監督・撮影・編集:坂口香津美/プロデューサー・編集:落合篤子
ハンセン病監修:斉藤くるみ(日本社会事業大学)/MA・選曲・音響監督:山下博文
出演:山内きみ江、山内定、中村賢一、斉藤くるみ、中島萌絵、佐川修
国立療養所多磨全生園のみなさん、日本社会事業大学斉藤ゼミの学生のみなさん 
2020年/日本/90分/カラー/製作・配給:スーパーサウルス

2020年11月28日より公開予定
特別前売鑑賞券1,500円発売中
(オンラインチケット予約には使用できません/公開日前日までの販売)

▶︎上映時間はこちら
▶︎オンラインチケットのご購入はこちら

★下記日程にて上映後のトークショーを行います。
・11/28(土)上映後、初日舞台挨拶(監督、プロデューサーほかスタッフ)および、
中村賢一さん(出演者、元ハンセン病患者)、坂口香津美監督(中村さんは電話でのリモート出演)
・11/29(日)中島萌絵さん(出演者、日本社会事業大学社会福祉学部在学中)、坂口香津美監督(中島さんは電話でのリモート出演)
・12/1(火)谷原和憲さん(日本テレビ報道局ニュースセンター専任部長 、「NNNドキュメント」前チーフプロデューサー)、坂口香津美監督
・12/3(木)波戸海紗さん(出演者、日本社会事業大学社会福祉士学部卒業生)、坂口香津美監督
・12/5(土)山内きみ江さん(出演者 、元ハンセン病患者)、坂口香津美監督(山内さんは電話でのリモート出演)
・12/6(日)斉藤くるみさん(出演者・ハンセン病監修、日本社会事業大学教授)、坂口香津美監督
・12/9(水)長谷川敏行さん(SKIPシティ国際Dシネマ映画祭プログラミングディレクター)、坂口香津美監督

《当日料金》一般:1,800円/大学・専門学生:1,300円(学生証の提示が必要)/シニア:(60歳以上)1,300円/会員:1,200円(会員証の提示が必要・同伴1名まで同額割引)/障がい者割引:1,200円(手帳の提示が必要・付添いの方1名まで同額割引)/高校生・中学生:1,200円(生徒手帳・通学定期券の提示が必要)/3歳〜小学生:1,200円
毎月1日映画サービスデー:一律1,200円/毎週月曜日サービスデー:一律1,200円

オフィシャルサイトはこちら