作品案内

この世の果て、数多の終焉 To the ends of the world

endofworld001
上映日程: 8月15日〜終了未定

ここが最も「死」に近い場所。第二次世界大戦末期、仏領インドシナの戦場。大量虐殺をただ1人、生き延びたフランス人兵士。傷ついた魂が行き着く果てとは。

1945年3月、フランス領インドシナ。駐屯地での殺戮をただひとり生き延びたフランス人兵士ロベールは、兄を殺害したベトナム解放軍の将校ヴォー・ビン・イェンへの復讐を誓い、部隊に復帰する。しかし険しい密林でのゲリラとの戦いは苛烈を極め、憎きヴォー・ビンの居場所は一向につかめなかった。その悪夢のような日々のなか、マイというベトナム人の娼婦に心惹かれるロベールだったが、復讐の怨念に駆られる彼はもはや後戻りできない。やがて軍規に背く危うい行動を繰り返し、理性を失ったロベールは、さらなるジャングルの奥地に身を投じていくのだった・・・。

ひとりの若きフランス人兵士の壮絶なる肉体と魂の彷徨を通じて本作があぶり出すのは、まさしくこの世の地獄というべき戦場の生々しい現実だ。透徹したリアリズムにほのかな幻想性が入り混じった映像世界、観客に想像と解釈の余地を広げた独特のストーリーテリングも実に刺激的。心身共にずたずたに傷ついた主人公の“行き着く果て”とは・・・。多くの日本人にとって知られざる、衝撃的な歴史の闇をえぐり出した戦争ドラマである。

監督:ギョーム・ニクルー/出演:ギャスパー・ウリエル、ギョーム・グイ、ラン=ケー・トラン、ジェラール・ドパルデュー
2018年/フランス/仏語・ベトナム語/103分/R-18+/配給:キノフィルムズ/木下グループ

2020年8月15(土)より公開
特別前売鑑賞券1,500円発売中
(オンラインチケット予約には使用できません/公開日前日までの販売)

《当日料金》一般:1,800円/大学・専門学生:1,300円(学生証の提示が必要)/シニア:(60歳以上)1,300円/会員:1,200円(会員証の提示が必要・同伴1名まで同額割引)/障がい者割引:1,200円(手帳の提示が必要・付添いの方1名まで同額割引)/高校生・中学生:1,200円(生徒手帳・通学定期券の提示が必要)/3歳〜小学生:1,200円
毎月1日映画サービスデー:一律1,200円/毎週月曜日サービスデー:一律1,200円

オフィシャルサイトはこちら