作品案内

プリズン・サークル

prison001
上映日程: 5月16日〜7月10日

新型コロナウィルスの感染拡大により、映画館は休館を余儀なくされ、観客は映画館に足を運べない状況が続いています。そこでわたしたちはインターネット上に「仮設の映画館」を限定的に開設することにいたしました。映画監督の想田和弘氏と配給会社・東風の発案で、シアター・イメージフォーラムだけでなく全国の映画館が参加しています。あくまでもこの苦難を乗り越えるための一時的な「仮設の映画館」です。いつかこの事態が収束したら、「本物」のシアター・イメージフォーラムにご来館くださいますようスタッフ一同、願っております。

以下のリンク先より配信しております。

・『プリズン・サークル』

・ご鑑賞方法ですが、作品ごとに配信期間・鑑賞期限/方法は異なりますので、詳しくは各上映作品のページをご覧ください。
・ご鑑賞には映像配信サイトvimeoへの登録と、クレジットカードの登録が必要です。
・仮設の映画館のホームページはこちら

過熱する犯罪報道、厳罰化を叫ぶ声。けれど私たちはこの国の「罪」と「罰」について多くを知らない。

「島根あさひ社会復帰促進センター」は、官民協働の新しい刑務所。警備や職業訓練などを民間が担い、ドアの施錠や食事の搬送は自動化され、ICタグとCCTVカメラが受刑者を監視する。しかし、その真の新しさは、受刑者同士の対話をベースに犯罪の原因を探り、更生を促す「TC(Therapeutic Community=回復共同体)」というプログラムを日本で唯一導入している点にある。なぜ自分は今ここにいるのか、いかにして償うのか? 彼らが向き合うのは、犯した罪だけではない。幼い頃に経験した貧困、いじめ、虐待、差別などの記憶。痛み、悲しみ、恥辱や怒りといった感情。そして、それらを表現する言葉を獲得していく…。

監督・制作・撮影・編集:坂上香
2019年/日本/ドキュメンタリー/136分/配給:東風

オフィシャルサイトはこちら