作品案内

うたのはじまり

uta001
上映日程: 6月15日〜終了未定

新型コロナウィルスの感染拡大により、映画館は休館を余儀なくされ、観客は映画館に足を運べない状況が続いています。そこでわたしたちはインターネット上に「仮設の映画館」を限定的に開設することにいたしました。映画監督の想田和弘氏と配給会社・東風の発案で、シアター・イメージフォーラムだけでなく全国の映画館が参加しています。あくまでもこの苦難を乗り越えるための一時的な「仮設の映画館」です。いつかこの事態が収束したら、「本物」のシアター・イメージフォーラムにご来館くださいますようスタッフ一同、願っております。

以下のリンク先より配信しております。

・『うたのはじまり』

・ご鑑賞方法ですが、作品ごとに配信期間・鑑賞期限/方法は異なりますので、詳しくは各上映作品のページをご覧ください。
・ご鑑賞には映像配信サイトvimeoへの登録と、クレジットカードの登録が必要です。
・仮設の映画館のホームページはこちら

ある日、息子への子守唄が生まれた。“ろう”の写真家、齋藤陽道が、嫌いだった「うた」と出会うまでの記録。

“ろう”の写真家、齋藤陽道。20歳で補聴器を捨てカメラを持ち、「聞く」ことよりも「見る」ことを選んだ。彼にとっての写真は、自分の疑問と向き合う為の表現手段でもある。そんな彼の妻も“ろう”の写真家、盛山麻奈美である。そして彼女との間に息子を授かった。“聴者”だった。

幼年期より対話の難しさや音楽教育への疑問にぶち当たり、「うた」を嫌いになってしまった彼が、自分の口からふとこぼれた子守唄をきっかけに、ある変化が訪れる・・・。生後間もない息子の育児を通して、嫌いだった「うた」と出会うまでを切り取った記録。抱いた赤子に突然泣かれ、ふと子守唄がこぼれる、誰にでもある経験。音は「どんな色をして、どんな形をしているのだろうか?」無意識に現れた「うた」は一体どこから来たのか。

監督は、古川日出男らによる朗読劇「銀河鉄道の夜」の活動を二年に渡り追ったドキュメンタリー映画『ほんとうのうた』(2014)、七尾旅人が戦死自衛官に扮したライブ映像作品『兵士A』(2016)等の河合宏樹。

監督・撮影・編集:河合宏樹
出演:齋藤陽道、盛山麻奈美、盛山樹、七尾旅人、飴屋法水、CANTUS、ころすけ、くるみ、齋藤美津子、北原倫子、藤本孟夫ほか
2020年/日本/86分/PG-12/配給:SPACE SHOWER FILMS

オフィシャルサイトはこちら