作品案内

つつんで、ひらいて book-paper-scissors

tsutsunde002
上映日程: 12月14日〜1月24日

1万5千冊をデザインした装幀者・菊地信義と、本をつくる人々のドキュメンタリー

 たとえば、本屋で平積みになった新刊本を手に取るとき。それが必ずしも自分のお気に入りの作家のものではない本にふれるとき。あなたを「動かしている」ものは何だろう。それは本の装幀かもしれない。
 菊地信義。空前のベストセラーになった俵万智「サラダ記念日」をはじめ大江健三郎、吉井由吉、浅田次郎、平野啓一郎、金原ひとみら1万5千冊以上もの本を手掛け、40年以上にわたり日本のブックデザイン界をリードしてきた稀代の装幀家です。本作は、美しく刺激的な本づくりで多くの読者を魅了し、作家たちに愛されてきた菊地の仕事を通じて“本をつくること”を見つめた、おそらく世界初のブックデザイン・ドキュメンタリー。監督は、是枝裕和・西川美和率いる映像クリエイター集団「分福」に籍を置き、『夜明け』で鮮烈デビューを果たした新鋭・広瀬奈々子。手作業で一冊ずつデザインする指先から、本の印刷、製本に至る工程までを丁寧に綴り、ものづくりの原点を探ります。
 本を取り巻く環境が急速な変化を遂げ、価値観が塗り替えられていく現代。「読者が欲しくなる本」をこしらえ続ける菊地の創作の秘密を紐解き、本をつくるひとびとの情熱と知恵を追いかけたこの映画は、本という表現の可能性をあらたに発見する冒険と言えるでしょう。

2019年/日本/94分/配給・宣伝:マジックアワー
監督・編集・撮影:広瀬奈々子
音楽:biobiopatata/エンディング曲:鈴木常吉
製作:バンダイナムコアーツ、AOI Pro.、マジックアワー、エネット、分福
企画・制作:分福

2019年12月14日(土)よりロードショー

《初日舞台挨拶&トークショー決定》
12/14(土)13:00の回上映後、15:00の回上映前舞台挨拶 登壇者:菊地信義さん、水戸部功さん、広瀬奈々子監督
12/19(木)17:00の回上映後 ゲスト:広瀬弦さん(画家・絵本作家)、広瀬奈々子監督
12/21(土)15:00の回上映後 ゲスト:蜂飼耳さん(詩人)、広瀬奈々子監督
12/22(日)15:00の回上映後 ゲスト:中村佑子さん(映画監督)、広瀬奈々子監督
12/23(月)17:00の回上映後 ゲスト:葛西薫さん(アートディレクター)、広瀬奈々子監督
12/24(火)17:00の回上映後 ゲスト:田中尚史さん(筑摩書房編集者)、広瀬奈々子監督
12/28(土)13:00の回上映後 ゲスト:奥山大史さん(映画監督)、広瀬奈々子監督
01/24(土)17:00の回上映後、19:00の回上映前に舞台挨拶 登壇:水戸部功さん、広瀬奈々子監督

《当日料金》一般:1,800円/大学・専門学生:1,200円(学生証の提示が必要)/シニア:(60歳以上)1,200円/会員:1,100円(会員証の提示が必要・同伴1名まで同額割引)/障がい者割引:1,100円(手帳の提示が必要・付添いの方1名まで同額割引)
毎月1日映画サービスデー:一律1,100円/毎週月曜日サービスデー:一律1,100円

▶︎上映時間はこちら
▶︎オンラインチケットのご購入はこちら

オフィシャルサイトはこちら