作品案内

ラフィキ ふたりの夢 RAFIKI

rafiki001
上映日程: 11月9日〜12月13日

カンヌ国際映画祭史上初のケニア作品出品 ケニアのカラフルな最新カルチャーにのせて、自由な恋愛と幸せな未来を夢見るふたりを描く感動作!

 看護師になるのが目標のケナは、古いしきたりにとらわれた周囲の人たちに満たされない想いを抱えていた。両親は離婚し、ナイロビで母と暮らしていたが、国会議員に立候補した父のことは応援している。そんな時、父の対立候補の娘で自由奔放なジキと出会う。互いに強く惹かれたふたりは、「私たちは本物になろう」と誓い合う。だが、友情が愛情へと変わり始めた時、ふたりはこの恋は命がけだと知るー。
 カンヌをはじめ100以上もの映画祭に出品され、世界から熱く支持されている話題作。だが、いまだ同性愛が違法とされるケニアでは上映禁止となり、のちに1週間だけ限定公開された時は、「長蛇の列」というニュースがSNSを飛び交った。
 監督は、デビュー作でアフリカのアカデミー賞を獲得、今最も輝く才能と絶賛されるワヌリ・カヒウ。ミュージシャンのサマンサ・ムガシア、監督にも進出したシェイラ・ムニヴァと、多才な女優たちが競演。
 音楽、ダンス、ファッション、アート。ポップでカラフルなアフリカンカルチャーにのせて、人生を豊かにする人と人の絆を描く感動作。

監督:ワヌリ・カヒウ/出演:サマンサ・ムガシア、シェイラ・ムニヴァ
2018年/82分/ケニヤ、南アフリカ、フランス、レバノン、ノルウェー、オランダ、ドイツ/英語・スワヒリ語/配給:サンリス

《当日料金》一般:1,800円/大学・専門学生:1,200円(学生証の提示が必要)/シニア:(60歳以上)1,200円/会員:1,100円(会員証の提示が必要・同伴1名まで同額割引)/障がい者割引:1,100円(手帳の提示が必要・付添いの方1名まで同額割引)
毎月1日映画サービスデー:一律1,100円/毎週月曜日サービスデー:一律1,100円

2019年11月9日(土)よりロードショー
▶︎上映時間はこちら
▶︎オンラインチケットのご購入はこちら

オフィシャルサイトはこちら