作品案内

アイムクレイジー I’m crazy

crazy001
上映日程: 8月24日〜9月13日

日本映画界が生んだ新たな才能の出現に実力派スタッフたちが集結!
新進気鋭・工藤将亮監督が描く、音楽を愛する一人の青年の成長物語。


プチョン国際ファンタスティック映画祭2018でNETPAC賞(最優秀アジア映画賞)を受賞。2003年より森田芳光監督をはじめ行定勲監督や白石和彌監督ら日本映画界の巨匠たちの下でその手腕を磨き上げた工藤将亮監督の待望の長編デビュー作。映像監督は日本映画界の宝、故・篠田昇氏に師事、ポン・ジュノ監督や行定監督とタッグを組んできた福本淳、衣裳プロデュースは三池崇史監督や石井岳龍監督、園子温監督らの作品も手がけ、『るろうに剣心』シリーズやTVCF「au三太郎シリーズ」にも参加する澤田石和寛。日本映画界が誇る実力派スタッフたちのプロフェッショナルな技術と若き情熱と才能の融合により、最高に自由でエネルギッシュな作品が出来上がった。

バンド「2」のボーカル/ギターでありながらも連続テレビ小説「ひよっこ」、日曜劇場「この世界の片隅に」への出演や映画『いちごの唄』に主演するなど若手最注目の古舘佑太郎が等身大の主人公・佑樹を熱演。本作のために書き下ろした主題歌『LONELINESS BOY』も披露。作曲家の美智子役はベテラン監督作品には欠かせない実力演技派、桜井ユキが好演。また、バンド「サニーデイ・サービス」のボーカル/ギターである曽我部恵一が、本作で待望の映画初出演を果たす。

くだらない曲ばかりが売れる世の中に嫌気がさしたミュージシャンの佑樹(古舘佑太郎)は音楽の道を諦めようとラストライブの日を迎えていた。バイトに向かう途中、交通事故に遭った佑樹は作曲家の美智子(桜井ユキ)と広汎性発達障害を持った息子・健吾と出会う。バイト先の店長(曽我部恵一)から強引に健吾の子守をさせられたことをきっかけに佑樹は親子と深く関わっていく。かつての仲間の活躍、元カノの妊娠、理想と現実の狭間で時に激しく周囲に苛立って佑樹だったが、自分の思い通りにはいかない日々の中、明るく振る舞う美智子の姿を見て佑樹の中で何かが動き出す。

監督:工藤将亮/出演:古舘佑太郎、桜井ユキ、曽我部恵一、佐々木聖輝、中田絢千、田本清嵐、岩谷健司、人時
製作:ザフール&スタッフ
2019年/日本/86分/PG-12/配給:シンカ

▶︎上映時間はこちら
▶︎オンラインチケットのご購入はこちら

【劇場窓口での特別割引】
公開中にチケットご購入の際、以下ご提示の方に200円引き適用!!
ギターピック、マラカス、気球免許、バンド”2”ライブ半券チケット
※当日一般1,800円から一律200円引き。※他の割引との併用不可。

オフィシャルサイトはこちら