作品案内

サマーフィーリング Ce sentiment de l’été

summerfeeling001
上映日程: 7月6日〜終了未定

第31回東京国際映画祭 東京グランプリ/最優秀脚本賞受賞 フランスの新鋭ミカエル・アース監督が描く、愛と再生の物語

夏真っ盛りのある日。30歳のサシャは突然この世を去る。彼女の死は、ある二人の見知らぬ者同士を出逢わせる。サシャの恋人ローレンスとサシャの妹ゾエ。突然の別れとなったベルリン。深い悲しみが残るパリ。少しずつ自分の生活を取り戻すニューヨーク。三度の夏、三つの都市。愛した人の思い出と幾つもの美しい景色の中で、遺された者たちは少しずつ人生の光を取り戻していくー。

監督:ミカエル・アース(『アマンダと僕』)/脚本:ミカエル・アース、マリエット・デゼール
撮影:セバスティアン・ブシュマン/編集:マリオン・モニエ/音楽:タヒチ・ボーイ

2015年/フランス・ドイツ/フランス語・ドイツ語・英語/カラー/1:1.85/DCP/106分
原題:Ce sentiment de l’été
配給:ブロードウェイ

ポストカード付き特別前売鑑賞券1,500円発売中(公開日の前日までの販売/オンライン予約にはご利用できません)

オフィシャルサイトはこちら