作品案内

500年の航海 Balikbayan #1: Memories of Overdevelopment Redux VI

500a
上映日程: 1月26日〜終了未定

制作期間35年!!マゼランは本当に世界一周したのか?押しつけられた歴史をひっくり返す!フィリピンの鬼才キドラット・タヒミックが自らの映画人生と、世界の歴史を重ね合わせた叙事詩が誕生!

ラヴ・ディアス、ブリランテ・メンドーサなど世界の注目を集めるフィリピン・インディペンデント映画、そのゴッドファーザーとも言える映画作家、キドラット・タヒミック。フランシス・F・コッポラが激賞したデビュー作『悪夢の香り』、3人の息子の成長を、モニュメント・ヴァレー、ドイツ、日本への旅、フィリピンの反独裁政権運動、ピナツボ火山爆発などフィリピン激動の時間とともに描いた『虹のアルバム』などを筆頭に、多くの映像作品を作り続けている。近年は「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」や「あいちトリエンナーレ」などのアートフェスティバルでも作品を発表し、美術界での評価も高まっている。
様々なジャンルを横断し、ドキュメンタリーとフィクションが入り混じった手法で、西欧世界から押しつけられた歴史や思想を粉砕し続けてきたタヒミックが、35年の歳月をかけて完成させた大長編が最新作『500年の航海』だ。来たる2021年はマゼランによる「世界周航」から500年。実はマゼランは旅の半ばで命を落とし、本当に世界一周を達成したのはマラッカ出身の奴隷エンリケだった・・・。

世界一周の途上、フィリピンのセブ島沖で先住民の首長ラプラプの抵抗によって命を落としたマゼラン。西欧による“第三世界”の隷属の歴史の象徴として、自ら奴隷エンリケを演じ、家族や友人たちをキャスティングし1980年頃から映像を撮り続けていた。その後、息子たちの成長に伴い撮影を中断していたが、撮影開始から20年経った時、成長しヒゲを伸ばした次男カワヤンの姿がマゼランとダブり、マゼランが現代に蘇った輪廻転生の物語として映画の完成を目指すことになった。
こうして出来上がった作品は2015年にベルリン国際映画祭と東京国際映画祭(上映タイトル「お里帰り」)で上映され、デビュー作『悪夢の香り』が40年前に批評家賞を受賞したベルリン国際映画祭で驚きと賞賛を持って迎えられ、カリガリ賞を受賞した。しかし、その後もタヒミック監督の構想は膨らみ、さらなる再編集を施し、いまもなお増殖を続けている。

キドラット・タヒミックとは?
1942年フィリピン、バギオ生まれ。アジア・インディペンデント映画の父と呼ばれている。デビュー作『悪夢の香り』(77年)はタヒミックの名を一躍世界に広め、後進のアジアの映画作家たちに大きな影響を与えた。『虹のアルバム 僕は怒れる黄色'94』が日本で初の劇場公開作品。96年には日本で『フィリピンふんどし 日本の夏』を制作し特集上映も開催。インディペンデント映画作家の旗手として、自主制作と上映を続け、先住民イフガオ族とのパフォーマンスやインスタレーション制作など、76歳を迎えた今なおジャンルを超えた活動を展開している。

監督・撮影・編集・美術:キドラット・タヒミック/出演:キドラット・タヒミック、ジョージ・スタインバーグ、カワヤン・デ・ギア、カトリン・デ・ギア
2017年/フィリピン/DCP/161分/英語・スペイン語・タガログ語/配給:シネマトリックス

2019年1月26日(土)よりロードショー
特製“タヒミックと言えばふんどし”栞付き前売鑑賞券1,500円発売中
(公開日前日までの販売/オンライン予約には利用できません)

オフィシャルサイトはこちら