作品案内

アタラント号 4Kレストア版

ATARANTE001
上映日程: 12月29日〜終了未定

名だたる世界の映画作家たちが敬愛するジャン・ヴィゴ。たった4作品しか遺せず29歳でこの世を去った伝説の映画作家の詩的な表現と才気に満ちた傑作。不遇かつ数奇な運命を経て、2017年のカンヌ国際映画祭「カンヌ・クラシックス」でお披露目された世界初4Kレストア版の『アタラント号』に加え、「ニースについて」、「競泳選手ジャン・タリス」、「新学期操行ゼロ」を一挙公開。

田舎町とル・アーヴル間を運行する艀船アタラント号。乗組員は船長のジャンとジュリエットの新婚カップル、変わり者の老水夫ジュールおやじと少年水夫、そしてかわいい猫たち。はじめは新婚生活にときめいていたジュリエットだったが、狭い船内の単調な生活に息が詰まってくる。アタラント号がパリへと到着するとジャンとジュリエットはダンスホールへ。そこへ行商人がやってきてジュリエットを口説き始める。田舎娘のジュリエットは大都会パリへの憧れを抑えきれず、夜にこっそりと船を降りてしまう。怒り心頭のジャンは彼女を置き去りにして出航してしまうが・・・。

フランソワ・トリュフォー、アキ・カウリスマキ、エミール・クストリッツア、ミシェル・ゴンドリー、ユーリー・ノルシュテイン・・・、世界の映画作家が敬愛するジャン・ヴィゴ。たった4作品しか遺せず29歳でこの世を去った伝説の映画作家の詩的な映像表現と才気に満ちた傑作。不遇かつ数奇な運命を経て、2017年のカンヌ国際映画祭「カンヌ・クラシックス」でお披露目された世界初4Kレストア版がついに日本公開。『ニースについて』(1930)、『競泳選手ジャン・タリス』(1931)、『新学期操行ゼロ』(1933)も同時公開。ジャン・ヴィゴが短いキャリアの中で遺した全4作品を一挙上映します。

●『アタラント号』4Kレストア版
監督:ジャン・ヴィゴ/製作:ジャック=ルイ・ヌネーズ/脚本:ジャン・ギネ/脚色:アルベール・リエラ/撮影:ポリス・カウフマン/音楽:モーリス・ジョベール
出演:ディタ・パルロ、ジャン・ダステ、ミシェル・シモン、ルイ・ルフェーブル
1934年/フランス/モノクロ/スタンダード/84分
配給:アイ・ヴィー・シー

2018年12月29日(土)よりロードショー

(C)1934Gaumont