作品案内

公開講座「アメリカで観察映画」

america001
上映日程: 6月20日

『ザ・ビッグハウス』はいかにして作られたのか。

想田和弘監督とマーク・ノーネス監督(ミシガン大学教授/日本映画研究者)が、企画・撮影・編集まで、映画『ザ・ビッグハウス』にまつわるすべてのプロセスを徹底解剖。
劇場公開版よりも6分長い「オルタナティブ・エンディング版」を参考上映。
名門ミシガン大学の驚きの映画教育プログラムとは?総勢17名の映画作家による協働から考える映画制作における民主制とは?激論を経て、最終的には投票で「カット」が決定されたエンディングとは?来場者を交えてのディスカッションを行います。

《日時》
2018年6月20日(水)
19:00より

《ゲスト》
想田和弘監督、マーク・ノーネス監督

《料金》
一律2,500円
※『ザ・ビッグハウス』の半券を持参・ご提示の方は200円割引
★6/17(日)午前0時よりシアター・イメージフォーラムホームページからオンライン購入可能