作品案内

熊野から イントゥ・ザ・新宮 Kumano kara In to the SHINGU

shingu001
上映日程: 2018年7月ロードショー〜終了未定

『熊野から〈三部作〉』完結編、再び新宮へ。

明治時代に熊野に刺さった三つのトゲがある。新宮を訪れた俳優でエッセイストの海部と編集者のサキは、くまの茶房でユニークな熊野論を聴く。トゲのひとつは「大逆事件」、国家の仕組んだ残酷な思想弾圧。その犠牲者がこの地から六人も出た。彼らの名誉回復は新宮市が決定し、今では白い碑が駅のそばに建つ。お燈祭りの神倉神社には神武上陸を記念した顕彰碑がある。古代と現代が交わる不思議な町、新宮。サキは海部と佐藤春夫記念館を訪れる。と、時空のはざまから在りし日の佐藤春夫がひょっこり顔をだし、「大逆事件」で死刑になったドクトル大石誠之助を歌った詩「愚者の死」を口ずさむ。いや、歌っているのはアコーディオン弾きのアラン、平成のトロヴァトーレ(吟遊詩人)だ。

監督:田中千世子/出演:海部剛史、雨蘭咲木子、鈴木弥生、KENT、丹野穂乃香
2017年/日本/83分/配給:田中千世子事務所

2018年7月ロードショー
前売券1,200円発売中(公開日前日までの販売/オンラインチケット購入にはご利用できません)

オフィシャルサイトはこちら