作品案内

シューマンズ バー ブック

schumann001
上映日程: 4月21日〜終了未定

世界を放浪し、自由に生きてきた男が起こしたBARの革命。まだ終わるわけにはいかない。

世界中のバーでバイブルとなった革新的レシピ本の著者である伝説のバーマン、チャールズ・シューマン。ミュンヘンで35年以上不動の人気を誇るバーのオーナーであり、76歳を超えた今も現役でカウンターに立ち続けている。本作は、成功も名声も手にしたレジェンドが、原点を探す旅に出るドキュメンタリーだ。

1991年に出版されたチャールズ・シューマンの著書「シューマンズ バー ブック」は、当時の欧米のバー業界に衝撃を与えた。500種類を超えるカクテルのレシピ以上に、それまでのカクテル本とは全く違うスタイリッシュさを持ちあわせていたからだ。このレシピ本は世界のバーテンダーのバイブルとなった。今やバー業界でその名を知らぬものはいない。 シューマンはドイツ国境警備隊、外交官事務所勤務を経て、イタリアやフランスのバールやレストランで経験を積んだ。そして、ヨーロッパではホテル以外にはバーがなかった1983年、ミュンヘンのマキシミリアン広場に、食事もできるバーをオープンする。敷居が高いホテルのバーから路面店へ。それは自由に生きてきた彼だからこその着眼点だった。それから35年、シューマンの生涯現役主義のあくなきチャレンジはまだ終わらない。

それぞれ一杯のカクテルに込められた職人魂。 本作でシューマンは、セレブも通う各地の「バーベスト10」に入る名店を訪れる。新たな感性で作るクラフト的なカクテルで人気を博すバーから伝統と格式を保つホテルのバーまで、シューマンは気取ることなく、ふらりとその扉を開いていく。美しいカクテルが作られる過程を見ながら、いつしか観客も至福のバータイムを共有することになる。また、アメリカの禁酒法時代のエピソードから始まって、バー文化の変遷をたどることができるのもこの映画の魅力の一つだ。

監督:マリーケ・シュレーダー/出演:チャールズ・シューマン/字幕監修:岸久
2017年/ドイツ/98分/シネスコ/配給:クレストインターナショナル

2018年4月21日(土)よりロードショー
13:00/15:00/17:00/19:00

★4月21日(土)は各回先着18名様にカンパリ200mlボトルをプレゼント。

▲前売鑑賞券1,500円発売中(4/20までの販売)
▲東京カクテル7デイズ ×『シューマンズ バー ブック』お得なセット券(5,000円)ができました!
東京のトップバー66店舗が参加するクラフトカクテルの祭典「東京カクテル7デイズ」と、映画『シューマンズ バー ブック』の両方を楽しめるお得なセット券を、渋谷シアター・イメージフォーラムにて発売します。限定50セットですのでお早めに!

オフィシャルサイトはこちら