タルコフスキー映画祭2010
 
 
Andrei Tarkovsky Retrospective 2010
 
ロシアが生んだ20世紀最大の映像詩人・タルコフスキーの黙示録
 
1932年、ロシアに生まれた映像詩人アンドレイ・タルコフスキーが、86年、亡命先のパリで亡くなるまでに残した作品はわずか9本。20世紀に人類が抱え込んだ様々な問題と対峙し、そこから生まれた美しく、苦悩と感動に満ちた作品の数々は、いまだに世界の人々にはかり知れない影響を与えています。
習作『殺し屋』から遺作『サクリファイス』までの全作品を上映。『ローラーとバイオリン』でのデビューから半世紀が経過した今、未来への予言に満ちたタルコフスキーの映像世界をあらためて回顧します。
 
 
上映作品/タイムテーブル→
 
特別鑑賞券(1,200円)発売中
<チケットぴあ(Pコード:461-542)、劇場窓口でお求めください>
当日料金:一般1,500円/学生1,200円/シニア・会員1,000円
※リピーター割引あり:半券提示で当日一般料金より200円引き
 
劇場アクセス