2016.1.1
DVD、ブルーレイ 発売中&レンタル中
話題作『皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇』のDVD、そしてブルーレイが発売中です。一部店舗ではレンタルも開始しました。

『皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇』
●Blu-ray ¥4,700+税 (BSDP-1074) ブックレット封入

『皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇』
●DVD ¥3,800+税 (SDP-1153) ブックレット封入

発売元:SDP

2015.4.9
初日プレゼントのお知らせ
4月11日(土)公開初日にシアター・イメージフォーラムへご来場の方、先着100名様にメキシコ直輸入ミラグロ付き「マルベルデ 幸運の紙幣」をプレゼント!

(提供:nifunifa

2015.3.20
『皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇』のシャウル・シュワルツ監督を迎えてのティーチイン 開催のご案内
日時:
2015年4月4日(土) 開場13:30/開演14:00 ※入場無料
会場:
青山学院アスタジオ
登壇者:
シャウル・シュワルツ(映画監督)/ゲスト:速水健朗(編集者・ライター)/
青山学院大学総合文化政策部福田ゼミの学生

この度「皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇」の公開に先立ち、本作の監督であり、戦場フォト・ジャーナリストのシャウル・シュワルツ氏が来日します。シャウル・シュワルツ監督は「この映画が自分と関係ないどこか遠い国の出来事だと思わないでほしい」と語ります。しかしながら映画や映像メディアを通じて情報を受け取るわたしたちにとっては、“現実のこととは思えない”と感じてしまうことも否めません。インターネットによって急速に情報伝達速度が高まった一方、失われつつあるリアリティ。巧みに映像プロパガンダを利用する過激派テロリズムが台頭する現在、改めてジャーナリズムの役割とは何かを、学生を交え探っていくティーチインを開催します。観覧ご希望の方は下記よりお申込みください。

シャウル・シュワルツ(Shaul Schwarz)
1974年イスラエル生まれ。イスラエル空軍在籍時に写真を始める。除隊後イスラエルとヨルダン西岸の報道に身を投じる。現在ニューヨーク在住。 2008年ケニア暴動の報道写真でアメリカ海外記者クラブによりロバート・キャパ賞を受賞。以後アメリカのタイム誌などで作品をコンスタントに発表。

ゲスト:速水健朗(Kenro Hayamizu)
1973年生まれ。編集者・ライター。メディア論、20世紀消費社会研究、都市論、ポピュラー音楽など幅広く執筆活動を行う。コメンテーターとしてテレビ・ラジオ出演も多数。著作は『フード左翼とフード右翼 食で分断される日本人』(朝日新書)など。

日時:
2015年4月4日(土) 開場13:30/開演14:00
会場:
青山学院アスタジオ
住所:
〒150-0001東京都渋谷区神宮前5-47-11
(東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅B2出口より徒歩5分)
事前予約優先・入場無料


参加希望者のお名前(人数分)、代表者のお電話番号をメールで info@imageforum.co.jp 宛にお知らせください。FAXでも受け付けています。 ※先着順・定員制/事前予約優先/満席の際は入場をお断りこともございます。

お問い合わせ:
ダゲレオ出版(武川)
TEL: 03-5766-1119/FAX: 03-5466-0054
メール:info@imageforum.co.jp
主催:
青山学院大学総合文化政策学部
共催:
株式会社ダゲレオ出版/青山学院大学総合文化政策学部 福田研究室
協力:
イスラエル大使館、東京大学見聞伝ゼミナール

2015.1.20
特別鑑賞券好評発売中!
特別鑑賞券1,500円発売中
劇場窓口にて特別鑑賞券をお求めの方先着50名様にメキシコ産“死の女神”サンタ・ムエルテのお守りをプレゼント!

(提供:雑貨屋FANDANGO