DVD メランコリックな宇宙 ドン・ハーツフェルト作品集
ANIMATION SHORTS BY DON HERTZFELDT
DVD収録内容
  • DVD片面一層式/本編98分+特典40分/NTSC/リージョン2/品番:DAD12044/JANコード:4529905202440/本体3,800円

    【特典映像】

    ドン・ハーツフェルトとのインタビュー

  • 『オヤシラズ』

    ●製作・監督・撮影・脚本・アニメーション・録音:ドン・ハーツフェルト
    ●2010年/35ミリ/6分
    ●道で出逢った友人。歯の間から糸が出ているみたい。それを取ろうとすると、糸がどんどん出てくる。それをさらにたぐっていくと…、とんでもない事が起きる。
  • 『人生の意味』

    ●製作・監督・撮影・脚本・アニメーション・録音:ドン・ハーツフェルト/映像編集・台詞編集:レベッカ・モリーン/音楽:ピョートル・チャイコフスキー
    ●2005年/35ミリ/12分
    ●地球上の生物の数億年に渡る歴史。4年かけて数万枚の手書きの絵を制作し新たな生命を生み出した。ハーツフェルト版『2001年宇宙の旅』。
  • 『リジェクテッド』

    ●製作・監督・撮影・脚本・アニメーション・録音:ドン・ハーツフェルト/音楽:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベン
    ●2000年/35ミリ/9分
    ●“1999年春。家庭学習チャンネルはドン・ハーツフェルトにプロモーション用映像の製作を依頼した。そのアニメーションは5週間で完成したが、家庭学習チャンネル側はそれを観て即座にボツにし、その作品は決して放映される事はなかった・・・。”現在でもカルト的な人気を誇る作品。
  • 『ビリーの風船』

    ●製作・監督・脚本・アニメーション・録音:ドン・ハーツフェルト/編集・撮影:レベッカ・モリーン/ミキシング:ティム・ケール
    ●2006年/35ミリ/17分
    ●赤ん坊がバスター・キートン的な無表情で赤い風船に弄ばれる。可愛くもサディスティックな作品。 
  • 『きっと全て大丈夫』

    ●製作・監督・撮影・脚本・アニメーション・録音:ドン・ハーツフェルト/音楽:ベドルジハ・スメタナ、ジョルジュ・ビゼー、ドン・ハーツフェルト
    ●2006年/35ミリ/17分
    ●ビルに降りかかる災難や細かい日々の問題。やがてそれは彼が人生の意味について考えるきっかけとなっていく。独自のナレーションと実写とアニメを融合し、不思議な浮遊感で哲学的な壮大さに至る、“ビルの物語”3部作の第1部。
  • 『休憩3D』

    ●製作・監督・撮影・脚本・アニメーション・録音:ドン・ハーツフェルト/編集:レベッカ・モリーン/声:ロバ=ト・メイ、ドン・ハーツフェルト ミキシング:ティム・ケール
    ●2003年/35ミリ/3分
    ●ふわふわのキャラクターが3D映画についてレクチャーする。
  • 『あなたは私の誇り』

    ●製作・監督・撮影・脚本・アニメーション・録音:ドン・ハーツフェルト/編集:ブライアン・ハンブリン/音楽:リヒャルト・シュトラウス、リヒャルト・ワーグナー、ロバート・ブレンナー
    ●2008/35ミリ/22分
    ●大きな病からの回復途中にあるビルに、やがて黒い影が忍び寄る。ビルの家族の驚くべき暗い歴史が明かされ、やがてビルの意識は自らの死と誕生に出逢い、輪廻する。“ビルの物語”3部作の第2部。
  • 『なんて素敵な日』

    ●製作・監督・撮影・脚本・編集・録音:ドン・ハーツフェルト/編集:ブライアン・ハンブリン/音楽:リヒャルト・シュトラウス、リヒャルト・ワーグナー、ロバート・ブレンナー
    ●2012/35ミリ/23分
    ●病院のベッドで目覚めたビルは失われた記憶を取り戻そうと頭を巡らす。“ビルの物語”3部作の完結編
  • イメージフォーラムtwitter
  • イメージフォーラムFacebook
  • IFF
  • イメージフォーラム映像研究所
  • >