国内外の映像アート作品の上映、レクチャーを定期開催。古典的名作 から、最新の実験映画まで

back next
オメグミ トレード ワガコ ノ ヤマ
小野恵&大和川レコード
一夜限りのエレクトリック・ライブ上映
10/21(日)

小野恵と大和川レコード。即興的なパフォーマンスによるビデオ作品を連作する2人の作家。デバイスとアドリブを駆使した特別ライブ上映

  • パンタロンに届かない

    パンタロンに届かない
  • パンタロンに届かない

    パンタロンに届かない
  • 大和川レコード

    大和川レコード

    受付

    2007年10月21日
  • 6:30スタート(8:30終了予定)
  • 当日1200円 会員1000円

オメグミ トレード ワガコ ノ ヤマ

即興的なパフォーマンスを採用したビデオ作品を連作する2人の作家による特別ライブ上映を行う。
大阪を中心に活動する大和川レコード(アサダワタル)は、『スキマ芸術』と評しているように、その活動は多彩であるとともに横断領域的だ。ギター&ヴォーカルという典型的な「ミュージシャン」のスタイルをとりつつ、突然ビデオ映像とリアルタイムで戯れる。レコード(記録)された物をやんわりと再構成する。その姿勢は、オルタナティブスペースのディレクターでも発揮されている。
今回は記録、メイキング、ライブの3つの映像をスイッチして新曲「川越えの記録」を演奏する。
小野恵は自らの身体とビデオというメディアの特性を活かした「課題」シリーズを連作。なじみの薄い異世界としての「昭和」をモティーフに絵画等を発表。ヤング・パースペクティブ2007上映作『パンタロンに届かない』は、昭和テイストのビデオ画面に、即興で幾何学的なシールや手形を重ねていくスタイルのテープ作品を発表し、EXONEMOにも注目された。今回は特別にライブで上映。(澤隆志)

パンタロンに届かない

高度経済成長期に建てられた団地が、現代になり取り壊されていく様子をカメラにおさめました。住んだこともなく馴染みのない団地に愛おしさを感じ、更地になるまでの3ヶ月間カメラを回しました。この映像上に、画用紙を切り取った様々な形(赤や黄色の丸いつぶ・青色や半透明の手形・光の輝き・白いハンドルなど)を私自身の手で絵を描くように踊らせてゆき、団地への届かぬ想いをぶつけています。
小野恵
1984年生まれの埼玉出身。5歳の頃、らくがきのしすぎで腱鞘炎になる。 懲りずに小学・中学と絵を描き続け、美術科の高校へ入学。高校在学中、昭和の魅力にとりつかれ、70年代の建物や人間をモチーフにした絵画・写真集の制作を期に、「おのコレ昭和シリーズ」をスタートさせる。その後、映像専門学校へ入学。シリーズ3作目の『パンタロンに届かない』は卒業制作。  

川越えの記録(video performance ver.)

スネ夫が裏山に埋めたテストの答案用紙を掘り出すために、のび太が書いた「宝地図」。そこには目印としてなんと「野良犬」が記されていた…!おそるべきのび太。<>brそんな日常の中のちょっとしたサプライズを、ビデオカメラと唄でリアルタイム再編集。 当日は、会場の皆様にささやかな宝として音楽新譜「川越の記録」の簡易パッケージ版をプレゼント。
大和川レコード
アサダワタルのソロ名義。弾き語りをメインに、ドラム、野外録音、ビデオパ フォーマンスなどなど、自分でも収拾のつかない感じで、日常と表現のハザマを爆走。過去、2002年〜2004年に「越後屋」、「SamuraiJazz」などのバンドで国内外で作品をリリース。
2005年にソロアルバム『選び採取れた日常』を全国リリース。2006年からはプロジェクトスペース「築港ARC」のディレクターを務めるなど、枠に収まりきらない活動を継続。現在、 Podcast番組『スキマ芸術』『ARCAudio!!』どでインターネット界でも活躍中。
http://www.geocities.jp/endeavor0203/

















  • イメージフォーラムtwitter
  • イメージフォーラムFacebook
  • IFF
  • イメージフォーラム映像研究所
  • >